介護職の人間関係をサポートする

介護職のそわ道
コラム
介護職のそわ道 > コラム > 応援の声 > 人間関係で退職を考える

人間関係で退職を考える

退職を考える介護職

人間関係で退職を考える、介護職の方は少なくありません。人間関係のいざこざは、介護職に限ったことではなく、どこの会社でもあることです。基本的に、介護に携わるような人は、責任感が強くて、思いやりのある人なのですが、介護の現場は、女性が多い職場となりますので、規模の大きな施設になるほど、派閥なども存在します。

スタッフ同士の仲が悪いなど、問題がある施設に関しては、上に立つ人間が下の人間の管理ができていない場合が多くなりますので、上の人の相談しても解決に至らないケースも多いそうです。人間関係で悩んだ場合の対策については、退職する・我慢して働き続ける・転職するなどの選択肢があります。介護の需要は増加傾向にありまので、介護職員として働く施設の選択肢は、広いのが現状です。

施設での介護職

ここ3年ぐらい前から施設での介護職に関する求人が増えてきてます。新聞の折込チラシやフリーペーパーだけでなくインターネットで介護専門のサイト、専門の派遣会社が存在してます。給料面よりも介護職は夜勤、日勤、遅出、早出と変則な勤務形式になってるだけでなく利用者の介護によるストレスだけでなく職員同士の人間関係と連係した仕事が多いので気を使う仕事だから環境によれば、不満が溜まりすぐに離職する業界でもあります。

仕事によるストレスに関しては他の業界でも普通にありますが、介護職では職員の悩み相談よりも、利用者の家族がケアマネージャーに相談して、今後のことをどのようにするかアセスメントが多い特徴となっています。