介護職の人間関係をサポートする

介護職のそわ道
コラム
介護職のそわ道 > コラム > 応援のコメント > 利用者が安心して話せるかどうかはコミュニケーションを図る介護職者に影響されます

利用者が安心して話せるかどうかはコミュニケーションを図る介護職者に影響されます

言語的コミュニケーション、準言語非言語的コミュニケーションの活用に配慮する。コミュニケーションには、言語的コミュニケーション準言語非言語的コミュニケーション対人距離や表情などがあります。準言語とは、声の高さ声の大きさ話す速さ言葉遣いなどの不調のことです。利用者との面接では、非言語的コミュニケーションに注目します。非言語的コミュニケーションが利用者の心の声として、非常に重要です。介護職には、利用者の非言語的コミュニケーションに込められた意味を洞察することが求められます。

特に回数の少ない利用者や言語聴覚視覚に障害のある利用者と、コミュニケーションを図る際には、表情身振り姿勢などに注目すると良い。コミュニケーションを図る際は対人距離に注意します。介護職者が利用者とコミュニケーションを図る際、対人距離が遠すぎても近すぎても利用者に不安や恐怖などの心理的影響を与えスムーズに会話ができないため利用者が安心して話せる適切な距離を保ちます。コミュニケーションを図る際は環境にも配慮します。利用者が安心して話せるかどうかはコミュニケーションを図る介護職者に影響されます。