介護職の人間関係をサポートする

介護職のそわ道
コラム
介護職のそわ道 > コラム > 応援のコメント > 介護職者は顔がはっきり見える明るい場所清潔感のある場所を選ぶ

介護職者は顔がはっきり見える明るい場所清潔感のある場所を選ぶ

利用者にとってリラックスできる場所や雰囲気を用意することは、良いコミュニケーションを促すことになります。介護職者は顔がはっきり見える明るい場所清潔感のある場所を選ぶなどコミュニケーションを図る環境に配慮する必要があります。相手の話の腰を折らずにじっくりと耳を傾けます。利用者と、のコミュニケーションの記号が受容と傾聴です。受容とは、相手をありのまま受け入れることです。利用者の状況を受け入れその言葉とりわけ言葉にならない心の声に耳を傾けることが利用者が介護職者を信頼することにつながります。

相手の話の腰を折るのは相手の話を聞くより自分が話したくなっている証拠です。関心を持って聞いていることを大声で示す相手が自分の話に関心を持ってきてくれていると話がしやすくなります。利用者をより理解するため利用者の自己肯定感を育むためにも多くの話を引き出すことが望ましい介護職者は利用者の方へ心配を 手を合わせる適度な相槌を打つなどによって関心をもって聞いていることを示すように心がけます。利用者の呪巣を買ってもらう場合には、オープンクエスチョンを活用する。答えがはいいいえで終わってしまうような質問クローズドクエスチョンでは、利用者は自分の思いを十分に伝えることができない。