介護職の人間関係をサポートする

介護職のそわ道
コラム
介護職のそわ道 > コラム > 応援のコメント > 親が未成年の子供を養う扶養と夫婦間の扶養生活保持義務

親が未成年の子供を養う扶養と夫婦間の扶養生活保持義務

また社会学者のパーソンズは核家族は住居面や経済面において、家族から分離独立している点を指摘し子供の社会化と成人のパーソナリティの安定化の二つを基本的かつ礼状を減らすことができない家族の機能としました。社会学者の森岡清美は家族とは、夫婦親子兄弟など少数の近親者を主要な構成員都市線演奏後の不快感情的包絡で結ばれた第一次的な福祉追求の集団であると便利しています。世帯とは、住まいと生計を同じくしている人々の集まりです。

家族とは、基本的に親族によって構成される居住を共にする集団を言います。一方世界は行政上の考え方で相撲と生計を同じくする人たちの集まりまたは一人で住んでいるかあるいは自分だけで生計を営んでいる単身者のことです。親族的扶養には、生活保持義務と生活補助義務があります。親族的扶養では、親が未成年の子供を養う扶養と夫婦間の扶養生活保持義務と言います。それ以外の親族の間の扶養は生活保護義務といい生活に余裕がある範囲で相手を援助すれば良いという義務です。