介護職の人間関係をサポートする

介護職のそわ道
コラム
介護職のそわ道 > コラム > 応援のコメント > 介護職をコミュニティと呼びます

介護職をコミュニティと呼びます

原則として、直系親族と兄弟姉妹が扶養義務を負うが特別な事情がある場合は、家庭裁判所が3親等内親族に扶養義務を与えることができます。家族は規模や構成によって分類されます。生殖家族小説家族は自分が結婚して作る家族定位家族。出生家族は自分が生まれ育った家族核家族は一組の夫婦とその子供だけの家族。拡大家族は核家族に親や兄弟などそれより上の世代も含む家族。修正拡大家族が非同居だが5世代の核家族と親世代が頻繁に行き来し相互援助の関係にある家族。直系家族はこのうちの一人が親と同居し財産を相続複合家族が複数の子供の家族。核家族が親と同居地域社会の集団はコミュニティとアソシエーションに区別できます。

地域とは、人が他の人々と協働して生きていく基本的な場所のことです。社会学者のマッキーバーは一定の地域で人々の共同生活が営まれる介護職をコミュニティと呼びコミュニティ内部である目的のために作られた集団のことをアソシエーションとしました。過疎地域では、共同体の維持が困難な限界集落が数多く存在します。65歳以上の高齢者が住民の50%を超えて人口の再生産が難しく冠婚葬祭などの住民生活の維持が困難な集落を限界集落と呼びます。