介護職の人間関係をサポートする

介護職のそわ道
コラム
介護職のそわ道 > コラム > 応援のコメント > 介護職の利用制度化利用者保護の仕組み

介護職の利用制度化利用者保護の仕組み

2000平成12年に社会福祉事業法が社会福祉法に改正されました。社会福祉基礎構造改革の一つとして行われました。改正の要点は介護職の利用制度化利用者保護の仕組みの導入。福祉サービスの質の向上。介護職の活性化。地域福祉の推進社会福祉法では、全分野に共通の基本事項を定めています。社会福祉法では、老人障害者児童など社会福祉のすべての分野に共通する基本的なことについて規定しています。

例えば、福祉サービスの基本理念社会福祉法人についての規定国や地方公共団体の責務などが明記されています。このため介護職の基本となる法律と言われます。サービスは利用者が選択します。社会福祉事業法では、行政が福祉サービスを決めていた措置制度であったこれに対し社会福祉法では、利用者と、サービス提供者の立場対等であるとして、利用者が自分でサービスを選べる仕組みを目指しています。契約利用制度特別養護老人ホームは。1963昭和38年に創設されました。