介護職の人間関係をサポートする

介護職のそわ道
コラム
介護職のそわ道 > コラム > 応援のコメント > 介護職が保険者となる地域保健

介護職が保険者となる地域保健

社会保障制度の範囲と主な種類社会保険は、医療保険、年金保険雇用保険、介護保険、労働者災害補償保険、公的扶助が生活保護社会福祉は高齢者福祉障害者、福祉児童福祉社会手当、公衆衛生及び医療は食品衛生感染症対策、上下水道、老人保健は後期高齢者医療制度、社会保険には、医療保険年金保険、雇用保険、介護保険、労働者災害補償保険があります。我が国社会保険には、医療保険年、金保険雇用保険、介護保険、労働者災害補償保険があり原則として、被保険者資格を満たした場合に自動的に加入します。

強制加入医療保険では、業務外の事由による疾病傷病などを保険事故とします。医療保険は原則として、医療を現物給付の方法によって支給します。国民健康保険の保険料の納付義務は世帯主にあります。保険料を滞納した場合その期間に応じて保険証有効期間の短縮や保険給付の時差し止めなどの措置が取られます。国民健康保険には、市町村国保と国保組合があります。市町村国保とは、市町村国民健康保険のことで介護職が保険者となる地域保健です。