介護職の人間関係をサポートする

介護職のそわ道
コラム
介護職のそわ道 > コラム > 応援のコメント

応援のコメント:記事一覧

介護職が保険者となる地域保健

社会保障制度の範囲と主な種類社会保険は、医療保険、年金保険雇用保険、介護保険、労働者災害補償保険、公的扶助が生活保護社会福祉は高齢者福祉障害者、福祉児童福祉社会手当、公衆衛生及び医療は食品衛生感染症対策、上下水道、老人保健は後期高齢者医療制度、社会保険には

≫ 続きを読む

介護職及び社会福祉の向上

創設された当時の特別養護老人ホームでは、体は精神疾患があるために常時の介護職を必要とする65歳以上の者を対象にしていました。また入所要件を満たす高齢者を特別養護老人ホームに収容されていたとして、捉えられていました。介護職、覚えておきたい重要項目。参照社会の

≫ 続きを読む

介護職の利用制度化利用者保護の仕組み

2000平成12年に社会福祉事業法が社会福祉法に改正されました。社会福祉基礎構造改革の一つとして行われました。改正の要点は介護職の利用制度化利用者保護の仕組みの導入。福祉サービスの質の向上。介護職の活性化。地域福祉の推進社会福祉法では、全分野に共通の基本事

≫ 続きを読む

介護職の施設への入所措置

1970年心身障害者対策基本法障害者基本法成立。1973年老人医療費無料化昭和50年代は経済安定成長と社会保障制度の改革。1982年老人保健法高齢者医療確保法成立平成何年から11年は少子高齢社会への計画的対応。1989年ゴールドプラン高齢者保健福祉推進十ヵ

≫ 続きを読む

必要な支援は国や介護職が

ライフサイクルの中では、子供時代子育て期老年期に貧困になりやすい子供時代は自分への出費のため、子育て期は子供への出費のため老年期では、収入が減るため貧困になりやすいとされます。また失業や疾病等による貧困のリスクには、自助互助共助公助頭を使い対処します。貯蓄

≫ 続きを読む

介護職をコミュニティと呼びます

原則として、直系親族と兄弟姉妹が扶養義務を負うが特別な事情がある場合は、家庭裁判所が3親等内親族に扶養義務を与えることができます。家族は規模や構成によって分類されます。生殖家族小説家族は自分が結婚して作る家族定位家族。出生家族は自分が生まれ育った家族核家族

≫ 続きを読む

利用者が安心して話せるかどうかはコミュニケーションを図る介護職者に影響されます

言語的コミュニケーション、準言語非言語的コミュニケーションの活用に配慮する。コミュニケーションには、言語的コミュニケーション準言語非言語的コミュニケーション対人距離や表情などがあります。準言語とは、声の高さ声の大きさ話す速さ言葉遣いなどの不調のことです。利

≫ 続きを読む