介護職の人間関係をサポートする

介護職のそわ道
コラム
介護職のそわ道 > コラム

コラム:記事一覧

介護職の施設への入所措置

1970年心身障害者対策基本法障害者基本法成立。1973年老人医療費無料化昭和50年代は経済安定成長と社会保障制度の改革。1982年老人保健法高齢者医療確保法成立平成何年から11年は少子高齢社会への計画的対応。1989年ゴールドプラン高齢者保健福祉推進十ヵ

≫ 続きを読む

必要な支援は国や介護職が

ライフサイクルの中では、子供時代子育て期老年期に貧困になりやすい子供時代は自分への出費のため、子育て期は子供への出費のため老年期では、収入が減るため貧困になりやすいとされます。また失業や疾病等による貧困のリスクには、自助互助共助公助頭を使い対処します。貯蓄

≫ 続きを読む

介護職をコミュニティと呼びます

原則として、直系親族と兄弟姉妹が扶養義務を負うが特別な事情がある場合は、家庭裁判所が3親等内親族に扶養義務を与えることができます。家族は規模や構成によって分類されます。生殖家族小説家族は自分が結婚して作る家族定位家族。出生家族は自分が生まれ育った家族核家族

≫ 続きを読む

利用者が安心して話せるかどうかはコミュニケーションを図る介護職者に影響されます

言語的コミュニケーション、準言語非言語的コミュニケーションの活用に配慮する。コミュニケーションには、言語的コミュニケーション準言語非言語的コミュニケーション対人距離や表情などがあります。準言語とは、声の高さ声の大きさ話す速さ言葉遣いなどの不調のことです。利

≫ 続きを読む

ラポールの形成は対人援助において人間関係の土台

介護職者は利用者を理解しようとしその心情に寄り添うことが必要です。ラポールの形成は対人援助において人間関係の土台であり、そうすることで利用者が真に必要として、いる支援が可能になります。コミュニケーションが信頼関係ラポールの元となります。共感的理解とは、援助

≫ 続きを読む

人間関係とコミュニケーション

介護職者の健康管理の基本は腰痛などの予防のため負担の少ない筋肉の使い方をする筋力を鍛えるよう心がける。十分な睡眠と休養ストレスをうまく解消する。栄養バランスのとれた食事を摂る規則正しい生活を心がける。定期的に健康診断を受ける従業員が50人以上の職場には、衛

≫ 続きを読む

介護職者は自分自身の心と体の調子を整える

利用者の感染症予防を図り介護職者自身が感染源とならないようにします。利用者は免疫力抵抗力が低下していることが多いそのため感染しやすいので、介護職者は利用者の感染予防のために清潔や湿度温度などの環境に配慮します。それと同時に介護職者自身が感染の媒体とならない

≫ 続きを読む