介護職の人間関係をサポートする

介護職のそわ道
目指せ充実チームケア

介護職のそわ道 > 目指せ充実チームケア

~働きやすい介護職場づくりの工夫~

はじめに

これは、SEO対策用に編集した文章です。

現在、日本で介護の仕事をしている人は、およそ46万人いるといわれています。施設で利用者のお世話をするひともいれば、お年寄りの自宅を訪問してお世話をするひともいます。そういうひとたちすべてを含めて、およそ46万人です。

そのうち、転職したり、仕事を辞めたりするひとは、平成24年の統計で、およそ18パーセント。だいたい5〜6人に1人の割合で職場を辞めています。正規職員と非正規職員の違いなどによって異なりますが、全体としてはこれくらいのひとたちが職場を辞めています。

職場を辞める理由のトップは、「結婚、出産、育児」です。これは、福祉業界に限らずどの業界も同じで仕方のないことです。2番目は、「法人・事業所の理念や運営のあり方に不満があったため」。3番目は、「職場の人間関係に問題があったため」と言われています。みなさんのなかにも、同じような理由で職場を辞めた経験のあるひとがおられるかもしれません。

お年寄りや障がいのあるかたのお世話をしたいという立派なこころざしをもって、せっかく就職が決まって、利用者のお世話にも慣れて、仕事を覚えてきたところで、職場を辞めなければならないのは、辞める介護職員もそうですが、利用者にとっても、あるいはみなさんを雇った法人にとっても、最初からひとを雇いなおさなければならず、誰にも、何もよいことがありません。

それで今回は、職場を辞める理由として上げられた、「法人・事業所の理念や運営のあり方に不満があったため」、それと「職場の人間関係に問題があったため」、に注目し、介護に携わるみなさんが、少しでも今の職場が働きやすいと感じられる、できれば今の職場で仕事を続けたいと感じられるためには、どんなことを心がけたらよいのか、どんなことをすればよいのか、"チームケア"という言葉を中心に考えてみます。キーワードはチームケアです。

同時に、介護職員たちを束ねる管理者にとっても、せっかく雇った介護職員がすぐに辞めてしまう、あるいは介護職員たちの人間関係がごたごたして仕事の質が上がらない、というようなことは避けたいに違いありません。それで、どうすれば、もっと働きやすい職場環境を作り、介護職員たちの質を高めていくことができるのか、人間関係の問題をどうすればうまく処理できるのか。そういうことも、あわせて考えていきます。

本編はおもに、介護施設の管理者やグループをまとめる介護リーダー、後輩を指導するベテラン介護者に向けて述べられていますが、介護チームを構成するすべての介護職員へ宛てたメッセージです。