介護職の人間関係をサポートする

介護職のそわ道
目指せ充実チームケア
介護職のそわ道 > 目指せ充実チームケア
~働きやすい介護職場づくりの工夫~

はじめに

これは、SEO対策用に編集した文章です。

現在、日本で介護の仕事をしている人は、およそ46万人いるといわれています。施設で利用者のお世話をするひともいれば、お年寄りの自宅を訪問してお世話をするひともいます。そういうひとたちすべてを含めて、およそ46万人です。

そのうち、転職したり、仕事を辞めたりするひとは、平成24年の統計で、およそ18パーセント。だいたい5〜6人に1人の割合で職場を辞めています。正規職員と非正規職員の違いなどによって異なりますが、全体としてはこれくらいのひとたちが職場を辞めています。

職場を辞める理由のトップは、「結婚、出産、育児」です。これは、福祉業界に限らずどの業界も同じで仕方のないことです。2番目は、「法人・事業所の理念や運営のあり方に不満があったため」。3番目は、「職場の人間関係に問題があったため」と言われています。みなさんのなかにも、同じような理由で職場を辞めた経験のあるひとがおられるかもしれません。

お年寄りや障がいのあるかたのお世話をしたいという立派なこころざしをもって、せっかく就職が決まって、利用者のお世話にも慣れて、仕事を覚えてきたところで、職場を辞めなければならないのは、辞める介護職員もそうですが、利用者にとっても、あるいはみなさんを雇った法人にとっても、最初からひとを雇いなおさなければならず、誰にも、何もよいことがありません。

それで今回は、職場を辞める理由として上げられた、「法人・事業所の理念や運営のあり方に不満があったため」、それと「職場の人間関係に問題があったため」、に注目し、介護に携わるみなさんが、少しでも今の職場が働きやすいと感じられる、できれば今の職場で仕事を続けたいと感じられるためには、どんなことを心がけたらよいのか、どんなことをすればよいのか、"チームケア"という言葉を中心に考えてみます。キーワードはチームケアです。

同時に、介護職員たちを束ねる管理者にとっても、せっかく雇った介護職員がすぐに辞めてしまう、あるいは介護職員たちの人間関係がごたごたして仕事の質が上がらない、というようなことは避けたいに違いありません。それで、どうすれば、もっと働きやすい職場環境を作り、介護職員たちの質を高めていくことができるのか、人間関係の問題をどうすればうまく処理できるのか。そういうことも、あわせて考えていきます。

本編はおもに、介護施設の管理者やグループをまとめる介護リーダー、後輩を指導するベテラン介護者に向けて述べられていますが、介護チームを構成するすべての介護職員へ宛てたメッセージです。

目指せ充実チームケア:記事一覧

1.チームケアってなに?

介護施設は、利用者のケアをするという目的で運営されています 介護施設は、そこに暮らす利用者のケアをするという目的で運営されています。利用者の暮らしの困難を支え、健康的な生活ができるようお世話をすることです。介護施設に所属するすべての介護職員は、この目

≫ 続きを読む

1-1.チームケアはコミュニケーションケア

チームケアが成り立つためには、大きく分けて二つのことが必要です。ひとつは伝えること、コミュニケーションです。チームケアは、介護職に携わるスタッフどうしの協力関係で成り立ちます。介護職員は、自分の考えやイメージしていることを互いに共有できるよう言葉にして伝え

≫ 続きを読む

1-2.チームケアはマネジメント

チームケアが成り立つために必要な二つのことのうちのもうひとつは、伝わったことが仕事でいかされる工夫、つまりマネジメントです。コミュニケーションによって、いろいろなことが分かって、それが活かされ実際に役立って、初めて意味があります。 ここでいう介護施設

≫ 続きを読む

2.チームケアが充実していると

チームケアが充実していると、介護職に携わるスタッフたちは働きがい、充実感を実感しやすくなります。それは仕事で楽ができるという意味ではありません。仕事は大変だとしても、職場の居心地はよくなるということです。 スタッフどうしが協力して円滑に仕事ができる。

≫ 続きを読む

2-1.協力関係ができる

チームケアが充実しているチームは、スタッフどうしの協力関係も充実します。できます。スタッフたちは、自分の施設やユニットが何を目指して、何をしようとしているのか、よく理解しています。そのために、チームのメンバーとして、自分が何をすればよいのかも、よく理解して

≫ 続きを読む

2-2.コミュニケーションが活発になる

チームケアが充実しているチームはコミュニケーションが円滑で活発になります。多少込み入った内容の話しをしても、混乱したり、気まずい雰囲気にはなりません。協力しあわないと仕事がうまく進まないのを理解していますので、お互いに用件はちゃんと伝えます。 &nb

≫ 続きを読む

2-3.より多くの成果を出せる

チームケアが充実していると、コンビネーションとか、あうんの呼吸というものが磨かれていきます。○○さん、体調がよくないって言ってたから今日はわたしが少し手伝ってあげよう。とか、△△さん、これから会議に出ていなくなるから、今のうちに仕事を前倒しして進めよう。と

≫ 続きを読む

3.なぜチームケアになりにくいのか

自分たちの施設はチームケアが十分充実していますと、大手を振っていえる施設は決して多くないでしょう。チームケアになりにくいのは、離職率の問題、職場の活気や雰囲気の問題、スタッフの人間関係の問題、管理者による管理能力の問題、教育の問題、介護技術の問題など、介護

≫ 続きを読む

3-1.高度な職務に管理者の能力が追いつかないため

介護施設におけるチームケアのかなめは管理者、つまり施設長です。スポーツチームでは監督にあたります。じつは、管理者はたいへん高度な役割を担っている厳しいポディションにいます。管理者本人はもとより、スタッフたちは、管理者が担っている役割の厳しさを理解していなけ

≫ 続きを読む

3-2.クレームがおきにくいため

一般企業では、社員の不手際や会社の不備不足は、サービスの低下となって顧客に迷惑がおよびます。そして、クレームや取引離れという結果にいたり、しっぺ返しを受けます。社員は何らかのかたちで責任を取らされます。そのような事情から、一般企業ではクレームや客離れを気に

≫ 続きを読む