介護職の人間関係をサポートする

介護職のそわ道
目指せ充実チームケア

介護職のそわ道 > 目指せ充実チームケア > おわりに

~働きやすい介護職場づくりの工夫~
おわりに

昨今、介護職志望者の減少、高い離職率、賃金や待遇改善の困難に端を発し、適正な人員とその質の確保が広く課題となっています。

十分な教育やサポート体制が整わず、身体的、精神的負担を受け続けたスタッフが、離職はもとより、事故や虐待にいたるという悲しい知らせを耳にするのは、ほんとうに残念なことです。

 

利用者の生活と健康を支えることをなりわいとし、その責務をともに果たしていくために、縁あって集ったスタッフたちにまず必要なのは、自分たちの職場に愛着を深め、そこでいとなまれる介護の勤しみに充実感を深めていけるようなサポートづくり、環境づくりです。

 

それはつまり、職場の人間関係など、スタッフたちが直面するさまざまな悩みや課題が、単に厄介な業務の弊害としてとらえられるのではなく、プロとして福祉者として成長する学習の機会になるサポートが必要である。スタッフどうしが互いに支えあって問題を乗り越えてゆけるような環境が必要であるということです。そのような環境がすなわちスタッフたちがチームケアを意識し、その充実を目指せる職場(チーム)のことであり、チームケアの充実を目指した啓発、学習の機会を実際に得られることです。

 

そのようなサポートや環境こそ、虐待や事故の抑止、離職率の抑制、人間味あふれるいきいきとした職場に、介護サービスの向上に資するものです。

 

これは、介護施設や介護現場で掲げられる高い理念や理想、目標の一方で、それに追いつかず、責任感と使命感に圧迫され心身を疲弊する管理者たち、誰かのお世話をしたいという尊い願いを、人間関係の問題で、なくなくあきらめなければならないスタッフたちが少しでも減ることを願ってのものです。またスタッフたちが、福祉職に携わるからこそ得られる自己成長、自己実現、その充実を互いに分ち合える人間関係というかけがえのない実りを獲得できるよう願ってのものです。