介護職の人間関係をサポートする

介護職のそわ道
目指せ充実チームケア

介護職のそわ道 > 目指せ充実チームケア > 2-3.より多くの成果を出せる

~働きやすい介護職場づくりの工夫~
2-3.より多くの成果を出せる

チームケアが充実していると、コンビネーションとか、あうんの呼吸というものが磨かれていきます。○○さん、体調がよくないって言ってたから今日はわたしが少し手伝ってあげよう。とか、△△さん、これから会議に出ていなくなるから、今のうちに仕事を前倒しして進めよう。というようなことが自然にできるようになります。

チームケアが充実しているチームは、スタッフたちが同じ目的という絆で結ばれていますから、スタッフどうしの人間関係のこじれは最小限に抑えられ、その分、連帯感、チームへの愛着は強くなります。スタッフたちの思わぬ能力が発揮される可能性も増えます。裁縫が趣味のスタッフがほつれたカーテンをなおしたり、日曜大工が趣味のスタッフが壊れた戸棚をなおしたりできるのです。結果として、チームとしてより多くのことを成し遂げられるようになります。